ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり編
現在表示しているページの位置です。

人間ドックを受けるとき

被保険者および被扶養者の健康の保持、疾病の早期発見を目的に人間ドックの補助を行っています。

  • ※半日ドック、レディースドック、脳ドック、PET検診、特定健康診査(被扶養者)、家族巡回健診のうちいずれか1つを年度中に1回利用できます。
  • ※健保を通さず、個人で直接人間ドックの申し込みを行い受診された場合は、補助の対象とはなりませんのでご注意ください。(☆東京地区は例外)
  • ※当健保契約医療機関に受診することが困難な場合は、健康保険組合にご相談ください。
  • ※各種ドック等の健保補助の上限は、半日ドックの利用料金です。基本検査項目の変更やオプション検査等を希望された場合、自己負担額以外に費用が発生することがあります。差額は各種ドック受診日に医療機関にてお支払いください。

【申込方法】

  • 1.受診希望日の約1カ月前までに申込書に希望の医療機関と日程を記入し健保に提出する。
  • 2.健保が医療機関と日程調整をする。
  • 3.受診日が決定すると健保から連絡がある。
    兵庫県の契約医療機関を受診…医療機関に提出してもらう書類をお送りします。
    兵庫県外の契約医療機関を受診…日程の案内をお知らせします。
  • ☆東京地区の契約医療機関を受診希望の場合は申込方法が異なります。勤務先の総務・管理担当者または健康保険組合へお問い合わせください。

半日ドック(所要3時間前後)

対象者
(原則) 35歳以上の被保険者・被扶養者
  • ※有期雇用の被保険者および被扶養者は当健保加入から1年以上経過していること
  • ※女性は30歳以上から
自己負担額
  • 被保険者・・・5,000円
  • 被扶養者・・・6,000円
※胃の検査を胃透視(バリウム検査)から胃カメラに変更した場合、差額が発生する医療機関があります。契約医療機関一覧表でご確認ください。差額は当日医療機関でお支払いください。
検査項目
  • 問診、身長、体重、胸部X線、肺機能検査、血圧測定、心電図、尿検査、胃透視(バリウム検査)、便潜血反応検査、腹部超音波検査、血液検査、視力検査、聴力検査、
  • PSA検査(男性で希望者)
  • 乳がん検査(視触診、マンモグラフィーまたは超音波検査)
  • 子宮頸がん検査(乳がん子宮がん検査は女性で希望者)
医療機関
申請書類名 人間ドック利用申込書

レディースドック

女性特有の疾患の発見に特化したドックです。女性医師・スタッフが対応しています。
半日ドックに比べ、胃透視(バリウム検査)、腹部超音波検査がなく、血液検査項目も少し減ります。

対象者
(原則) 30歳以上の被保険者・被扶養者 
※有期雇用の被保険者および被扶養者は当健保加入から1年以上経過していること
自己負担額
  • 被保険者・・・5,000円
  • 被扶養者・・・6,000円
検査項目 問診、身長、体重、胸部X線検査、血圧測定、心電図、尿検査、血液検査、視力検査、聴力検査、乳がん検査(視触診、マンモグラフィーまたは超音波検査)、子宮頸がん検査、経膣超音波検査、骨密度測定
医療機関
申請書類名 レディースドック利用申込書

脳ドック

脳卒中など脳の病気を発見するためのドックです。
半日ドックにくらべ、胃透視(バリウム検査)、腹部超音波検査がなく、血液検査項目も少し減ります。

対象者
35歳以上の被保険者・被扶養者 
※有期雇用の被保険者および被扶養者は当健保加入から1年以上経過していること
自己負担額
  • 被保険者・・・5,000円
  • 被扶養者・・・6,000円
※人間ドック利用料金と脳ドック利用料金の差額は当日医療機関でお支払いください。(約13,000円)
検査項目 問診、身長、体重、胸部X線検査、血圧測定、心電図、尿検査、血液検査、視力検査、聴力検査、頭部MRI検査(頭部・頸部血管撮影含む)
医療機関
申込書類名 脳ドック利用申込書

PET検診補助

対象者
50歳以上の被保険者
※有期雇用の被保険者は当健保加入から1年以上経過していること
補助額 60,000円
医療機関 医療機関の指定はありません。
申請方法 申請書に注意事項を記載しています。ご確認ください。
申込書類名 PET検診補助金支給申請書
ページトップへ